Copyright ©  日本親子コミュニケーション研究所 All Rights Reserved.

2019/09/25

このクライアントは、学校でのトラブルで、学校に行けなくなってしまった小学6年生の息子さんを持つお母様でした。 息子さんの学校へ行かない選択は、ご両親ともに理解されており、息子さんの意思に任せ見守っていらっしゃいます。 息子さんの心の傷を癒すために何かできることがあればとヒプノセラピー個人セッションをお受けになりました。

2019/08/30

ヒプノ(催眠)セラピー(療法)は、心理療法のひとつです。

当研究所で行うヒプノセラピーの感覚は例えていうと「うたた寝」と似ています。

しかし、本当の「うたた寝」のような眠りとは少し違います。

似ているのは、脳波の状態、深いα波からΘ波に誘導して、心と体の気づきと癒しを行います。

2016/12/24

クライアント様は悪性リンパ腫の患者さんでした。

個人セッション中にキリストからいただいたメッセージ
私にも届けられた気がして、クライアントさんに御承諾いただき、

シェアさせていただきます。

「クリスマスイブにキリストのメッセージなんて出来すぎ!」

なんてクライアントさんとも笑いましたが、すべては自分の信じた通りに

なっているのですね。

*-*-*-----------------------------------*-*-*

(クライアント様が受け取ったメッセージ)

自分が信じたようになるか...

2016/10/19

クライアント様は、66歳女性の方で、7月に乳がんが見つかりました。

「 主治医は手術を勧めましたが、私は手術を希望していないので、次回、再度検査してもらうことにしました。


母との関係に原因があるとしたら、

それを解きほぐすにはどうしたらよいのか、

また他に何かあるとしたら何なのか知りたいと思っています。」

という思いでヒプノセラピーにいらっしゃいました。

セラピーを受けられた10日後にご感想をお送りいただきました。

【 催眠療法を受けた理由 】

医者は手術を勧めましたが、希望していないので...

Please reload

Pick UP

Please reload