Copyright ©  日本親子コミュニケーション研究所 All Rights Reserved.

2019/09/25

このクライアントは、学校でのトラブルで、学校に行けなくなってしまった小学6年生の息子さんを持つお母様でした。 息子さんの学校へ行かない選択は、ご両親ともに理解されており、息子さんの意思に任せ見守っていらっしゃいます。 息子さんの心の傷を癒すために何かできることがあればとヒプノセラピー個人セッションをお受けになりました。

2019/09/19

最近、気づいたのですが、毎日、母が私に 「ありがとう」「今日もお世話さまでした」と言うようになりました。 以前にも言うことはあったのですが、このところ一週間前くらいからでしょうか 毎日言うようになったのです変化ってコレか? と思いました。

2016/12/24

クライアント様は悪性リンパ腫の患者さんでした。

個人セッション中にキリストからいただいたメッセージ
私にも届けられた気がして、クライアントさんに御承諾いただき、

シェアさせていただきます。

「クリスマスイブにキリストのメッセージなんて出来すぎ!」

なんてクライアントさんとも笑いましたが、すべては自分の信じた通りに

なっているのですね。

*-*-*-----------------------------------*-*-*

(クライアント様が受け取ったメッセージ)

自分が信じたようになるか...

2016/10/19

クライアント様は、66歳女性の方で、7月に乳がんが見つかりました。

「 主治医は手術を勧めましたが、私は手術を希望していないので、次回、再度検査してもらうことにしました。


母との関係に原因があるとしたら、

それを解きほぐすにはどうしたらよいのか、

また他に何かあるとしたら何なのか知りたいと思っています。」

という思いでヒプノセラピーにいらっしゃいました。

セラピーを受けられた10日後にご感想をお送りいただきました。

【 催眠療法を受けた理由 】

医者は手術を勧めましたが、希望していないので...

2010/07/01

先生のエゴなしの誘導が安心感を与えてくれて、自分一人では見たくない深い深い部分が見える事「セッションの最後には絶対に手放させます」というセラピストさんもいますが、これは一見能力が高いように見えて、セラピストのエゴなので、人それぞれプロセスがありますから。 エゴによって手放す事は一見スムーズに行くようにみえて、クライアンとの自尊心を気づつけることにつながります。

Please reload

Pick UP

Please reload