「あそこに戻ればと分かったことは、本当に大きなことでした」

クライアント様は、66歳女性の方で、7月に乳がんが見つかりました。

「 主治医は手術を勧めましたが、私は手術を希望していないので、次回、再度検査してもらうことにしました。

母との関係に原因があるとしたら、

それを解きほぐすにはどうしたらよいのか、

また他に何かあるとしたら何なのか知りたいと思っています。」

という思いでヒプノセラピーにいらっしゃいました。

セラピーを受けられた10日後にご感想をお送りいただきました。

【 催眠療法を受けた理由 】

医者は手術を勧めましたが、希望していないので12月に再度検査してもらうことにしました。母との関係に原因があるとしたら、それを解きほぐすにはどうしたらよいのか、また他に何かあるとしたら何なのか知りたいと思っています。

*-*-*-----------------------------------*-*-*

ヒプノセラピーを受けたMです。

その節は、大変お世話になりました。

初めての体験でしたが、とても貴重な体験をさせていただきました。

生まれた時には、あれほどに自由で、

全てがあるという満ち足りた感じであったこと、

そして外側には何も持っていなくて、

とても清らかな空間であったこと。

あれから何回も反芻するように思い浮かべたり、

落ち着いて考えてみようとしたりしてきました。

そして私たちは誰でも、あそこに戻れば、

自由で楽しく、力に満ちているのだと

確信するようになりました。

戻るためには、

今までに身に着けてきてしまったいろいろな考え方、

感じ方の癖を取り払う必要があるのだということ、

いろいろ自分の中にあったこだわりは、

後から勝手に自分で身に着けてきたことであり、

そのようなことに振り回されているのは

本当に馬鹿馬鹿しいことだった

と思うようになりました。

寒さに向かいますのでどうぞお身体お大事に!

*-*-*-----------------------------------*-*-*

ご自分の直感で体に違和感を感じられて、病院で検査をされたら

癌が見つかったそうですが、動揺することなく、

自分でできることはないかと本を見ていたら、

ヒプノセラピーの記事を見つけられて、ご自分の直感に従って

お申込みいただいたそうです。

「まったく催眠のことはわからないんです。」

とおっしゃっていましたが、とても素直な感性をお持ちの方で、

逆に催眠に偏見を持たれていなかったことが良かったのかもしれません。

より軽やかに、自由になられることを心より願っております。

(匿名女性・クライアント様のご了承を得て、掲載させていただきます。)

Pick UP

Copyright ©  日本親子コミュニケーション研究所 All Rights Reserved.