日本医療催眠学会大会で発表

2019/08/31

私は、ヒプノセラピー(催眠療法)とメンタルスペース心理学の
「精神の空間」という概念を使ってご家族のご相談をセッションをしています。

 

 

ヒプノセラピー(催眠療法)もメンタルスペース心理学のソーシャルパノラマも
普段、自分が意識していない部分と対話をします。

私たちは言語化されていない、言語化できない感覚を
精神の空間に持っているということを前提にしています。

 

 

意識1~5%:無意識99~95%とも言われていますが、無意識は無意識(笑)
計り知れません。

 

 

抽象的でお伝えしづらいのですが、精神の空間と現実世界の違いは

体験していただくと実感できます。

 

 

この精神の空間と現実世界のズレが悩みの原因になっていることもありますので、
そのズレをほぐし、調整、心地よく変えていきます。

 

 

日本医療催眠学会大会ではほんの短い時間ですが、私がセッションで行っていることをご紹介します。

 

天外伺朗さんをはじめ、おのころ心平さん、長堀優先生など素晴らしい先生方がご登壇されます。

 

 

会員でない方もご参加になれます。

無意識、潜在意識の興味深いお話ばかりです。
ご参加をお待ちしています。

 

日本医療催眠学会のHPからお申込みになれます。

 

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

Pick UP

Please reload

Copyright ©  日本親子コミュニケーション研究所 All Rights Reserved.