幸せ体質ってなに?

今、新しいオンラインセミナーを構築中です!

そのキーワードは『幸せ体質』

心が落ちると体調を崩す。

体調が悪いと、気持ちも落ちる。 心と体は一体、相互関係性があります。

これを「心身一如(しんしんいちにょ)」

と東洋医学では言っています。

自分で認知できる体に症状や問題に現れてから 自分のメンタルの状態に気づくことが 繰り返されている、パターン化されているのでしたら、

それは、自分の思考や意志が心と体を置き去りにしてしまう 思考優位型の習慣が定着している可能性があります。

体が

「ちょっと待って!少し休憩しようよ! もうこれ以上無理!」

と注意サインやブレーキをかけないと気づけない というパターンを持っているということです。

その結果、虚弱体質、風邪体質、アレルギー体質などの 体に症状がでる体質になったのかもしれません。

注)体質を作るのは遺伝や環境など様々な要因があり、一つとは特定はされていません。

すごーく簡略化すると、

【メンタルの状態+体の状態+習慣化(パターン化)=体質】

(話が長くなるので、中間は省略し一気に飛躍しますが)

では、逆算して、「幸せ体質」になりたいなら

【幸せ体質=メンタルの状態+体の状態+習慣化(パターン化)】

ということになり、一つ一つの要素を見直して、 変えればよいということになります。

短い期間のものであれば簡単ですが、(原因と結果がわかりやすいので) しかし、そのパターンが小さい頃に作られたものでしたら、 長年、固着して、習慣化されたものを変えるって、確かに難しい。

・・・ですけど、

本気になって変えようと思えば、変えられます。 ~~~~~~~~~~~~~~ (↑↑ ここ大切、本気で変えよう!と)

どうすれば?

習慣を変えるというのはヒプノセラピー(催眠療法)の 基本中の基本、得意分野なんです。

小さい頃に役に立ったやり方を大人になってもまだやり続けていた。

それが、自分が幸せになるのを妨害していることもあるのです。

自分で「なぜそう思うのか?」を紐解き、理解し、 それによってパターン化された習慣を今の状態に最適化すればよいのです。

「幸せ」という概念や抽象的なものでも 体質という習慣化されたパターンに変換してみると、答えは見つけられて 楽に生きられるようになります。

【幸せ体質ってなに?】

心理セラピストの経験と学びから得た個人的な考え方を、すごーく簡単に説明しましたが、

まずは、

「心と体は一つである」ということが信じられるかどうか。

がスタートですね。

Pick UP

Copyright ©  日本親子コミュニケーション研究所 All Rights Reserved.